PRODUCT CUSTOM MATERIAL WEB SHOP SHOP HOME
Material

1ページ
2ページ
3ページ

1ページ2ページ3ページ

ナラ

シウリザクラ

ブナ科の落葉広葉樹です。コナラ、ミズナラ、ナラカシワ類の総称です。硬く、家具用材、洋酒の樽材などに使われます。旭川では入手しやすいのでよく使用します。

白い花をつけ、果実もなる木です。家具や楽器などに使われます。時々使用しますが以前ほど入手がしにくくなってきている材の一つです。

クルミ

ヤマザクラ

軟らかく扱いやすい(加工しやすい)材料です。下駄や家具、マッチの軸に使われるサワグルミと家具材や銃床に使われるオニグルミとがあります。

硬くて強い木材です。高級家具や楽器、彫刻などの他スモークチップにも使われる材です。普段あまり使用する事のない材です。

タモ

マカンバ

モクセイ科トネリコ属の落葉高木です。アオダモはバットの材料として有名ですが普段私がタモと呼んで使用しているものはヤチダモです。現在一番安定的に入手出来る材種のひとつです。

多くは北海道に自生します。堅くて強く、欠点の少ない美しい材で高級家具や内装材として用いられます。

イタヤカエデ

ザツカバ(赤身)

カエデ科の広葉樹で美しい縮杢や鳥眼杢(バーズアイ)が時々現れるものもあります。最近目にする事が多くなったハードメープルは北米産のイタヤカエデと言ったところでしょうか。

マカンバ以外のカバをザツカバと言い、日本や朝鮮に分布します。家具材としてとても優れていて、赤身の部分は非常に高価な材となってきています。

セン

ザツカバ(白身)

ウコギ科の落葉高木です。軽くて軟らかく加工しやすい材料です。木目が高級材のケヤキに似ているので、着色して代替品に使われることがあります。ここ数年で非常に入手がしにくくなりました。

カバの白身部分は淡い色合いをしています。家具材や床材、器具材などに使われます。上の赤身もそうですが一枚の材で赤白が突然入組んだりしますので単色で材を揃えるのが難しいです。

ニレ

埋れ木

ニレ科の樹木の総称で英名をエルムと言います。材質は硬くて曲木に適しています。近年入手する「埋れ木」はニレ材のものが多いです。

長い間、水地中に埋まって炭化し独特の色に変化した木材のことです。「神代木」と言われたり縁起の良い材料として珍重されています。こちらではニレ、タモ、ナラの埋木が採掘されます。

シナ

エンジュ

シナノキ科の落葉広葉樹です。大部分は北海道が産地です。軽くて軟らかく、彫刻や家具の引き出しの内箱によく使用します。人気の「ゆらりんこシリーズ」にも使われています。

ロングセラーの「槐の器」シリーズの材です。堅く粘りのある材で床柱や和家具の材料に用いられます。魔除や長生きの木として珍重されています。ブラウンボックスの裏にも1本あります。

Copyright(c)2005 DREAMY PERSON Inc. All Rights Reserved.