PRODUCT CUSTOM MATERIAL WEB SHOP SHOP HOME
Material

1ページ
2ページ
3ページ

1ページ2ページ3ページ

キハダ

ブナ

普段あまり使用しない材料ですが北海道の民芸品等で使用する材としてはポピュラーな材です。樹皮の内側が黄色いことからキハダと呼ばれています。私の周りでは「シコロ」と呼ぶ人も多いです。

日本人にはとても知名度の高い木の一つではないでしょうか。しかしながら旭川のクラフトでは使用するケースがほとんどありません。理由は不明です。

ホオ

コブシ

ブラウンボックスの裏にある木です。とても大きな葉をつけるので夏には心地よい日陰を作ってくれます。花もとてもキレイです。彫刻材、漆器素地、版木、製図板、定木材など幅広く使われています。

太いものは皮つきのまま茶室の床柱や軒の垂木に使われる事があるようです。
製品には使用した事がありません。これもたまたま端材を貰ったものがあったので掲載しました。

カツラ

クリ

この木もブラウンボックスの裏にある木の一つです。普段の製品作りにはあまり使用しない材です。日本各地に自生し、北海道で多くとれる材です。鉛筆や碁、将棋盤などに使われています。

家具や建築にも使われるようですが扱ったことが無く特徴がわかりません。
旭川の方へは流通していないのではと思います。たまたま知人の所で発見し、珍しいのでねだって貰ったものです。

ハンノキ

アサダ

時々扱う事がある材料です。普段使う材料と比較するととても軽い木ですので運ぶのに楽ちんです。

昔はよく体育館の床板などに用いられていたようですが近年はカバ材が主流になってきているようです。入手もしにくくなってきています。赤身、白身があり、選んで使用したりします。

エリマキ

ポプラ

とても入手しにくいです。木目が無くキレイな白い木ですが、とても硬く径が細い材ですので使用する機会がほとんどありません。

とても軽い材料でシナの代用として使う事があります。

カタスギ

ウォルナット

カタスギは製品に使用した事がなく特徴が分かりません。とても入手しにくい材のようです。
たまたま端材を貰ったものがあったので掲載しました。

北米でとれるクルミ材です。木の目は日本のクルミと同じですが色が全然違います。高級家具材や杢の部分は銃床材として重用されています。普段一番多く使用機会の多いお世話になっている木です。

ドロノキ

ブラックチェリー

軽くて軟らかく、時間がたつと緑灰色から暗灰色に変化する特徴をもっています。あまりクラフト向きな材料ではないので使用する事はありません。

近年使用する機会が多くなった木です。製品になった後の色の変化がとても大きな材料です。チェリーでできた時計を日陰に動かさず展示して針の跡がついたのが大きな記憶として残っています。

Copyright(c)2005 DREAMY PERSON Inc. All Rights Reserved.